質問)フレンチレストランをやっています。ランチタイムの売り上げは、意外といいのですが、夜の売上がどうもよくありません。正直、夜の売上より昼間の売上の方が良いのです。

裏通りだからでしょうか?オフィス街からは少し離れています。どちらかというとちょっと高級な住宅街が近いです。

回答)通常飲食店は、昼間の売上よりも、当然、夜の売上の方が上です。ご質問のような昼間の売上は順調なのに夜売上が思ったよりあがらない。実際には、私どもにこういったご相談を良くいただきます。

以前、雑誌に連載しましたコラムの一部ですが、

夜型の店は昼を兼ねる。昼型の店は夜を兼ない。
https://www.aandtt.co.jp/policy/message/yorugata-hiruokaneru/

このコラムが゛そのご相談の回答に近いようにも思います。

つまり、昼型のお店(ランチの売り上げが大きい)は、夜型(お酒が伴う夜の売上が大きい)のお店を兼ねる事ができない。しかし、夜型のお店はランチでも売上を稼ぐ事ができる。という事なのです。

高級な住宅街が近いということは、ご相談いただいた方のお店と競合するようなフレンチやイタリアンのお店が近所にございませんか?もし、お近くにそういったお店がある場合、思い切ってフレンチテイストを残した状態で、居酒屋の感じをだしてみるのも良いかもしれません。

ここで考えてみてください。もしかしたらご近所の方は、かっちりしたフレンチよりは、フレンチテイストを残した状態で、カジュアルに気軽に一杯やりたいかも知れませんよ。

お酒も、ワイン以外に、日本酒や焼酎といったカジュアルなお酒を提供する。同時に、料理も、高級住宅街近くでフレンチを開店するくらいですから、ご相談の方は、腕に自信があると思いますので、その腕を、フレンチ居酒屋、洋風居酒屋、といったカジュアルなスタイルに向けてみてはいかがでしょう?
この場合、単に、カジュアルにして客単価を落とす提案をしているのではないのです。「いいバランスでお得で美味しい」と来店したお客さんに感じていただける。そんなお店に転換する事をオススメします。

炭火焼ビストロ!フレンチ焼き鳥や色々な食材を備長炭で美味しく焼き上げます。〆は名物カレー! TAKEは「料理もお酒もとにかく気軽に!」をコンセプトに、フレンチのシェフがつくった居酒屋です。 炭焼き料理をはじめ、前菜からメインディッシュまで、和仏を織り交ぜたさまざまなお料理をご用意してます!お酒もワインだけでなく、日本酒・焼酎・梅酒・洋酒からカクテルまで、豊富に取りそろえております。〆は名物のフレンチカレーをどうぞ。

食べログ:フレンチのシェフがつくった居酒屋より抜粋

本心をいいますと、一度、実際にお伺いして、お店の周りを拝見してみたいですね。新たな業態の提案ができるかも知れません。