これからは地方が面白い!

2004_01静岡県御殿場市、富士山と箱根の間に、ここにも空洞化した街がありました。全国どこの街も中心部が衰退し、昔はにぎわう街中を闊歩するのが楽しみだったのが、こんなに人がいなくなってしまい悲しいです。

5年ほど前に、そんな街がまた元気になるように、空洞化した街中に1軒光る店ができたら皆集まってくれるんじゃないかと考えました。

青森県十和田市、岐阜県大垣市、長野県上田市など小商圏に多くの飲食店をつくってきました。それは期待通りでした。こんなに多くの人が待ってくれているではありませんか。

口々に「こんなに楽しくて、歩いて来られる店を待っていたんですよ」と言ってくれるのです。道路交通法の改正もあり、身近に良い店があれば何かにつけ助かるのです。御殿場市の「ご馳走家 えびす」も街の人々に愛され大盛況。(※右の画像はGoogle検索「ご馳走家えびす」より引用しました)ebisu

これからは地方が面白い。どうしても皆さんは、飲食店が多い場所や立地を選びます。昔は繁華街に集中し、今はロードサイドに集中するといった具合に、どこかそれが安心でそうしてしまうのです。

私は逆発想です。街中から人が消えたのは、その街に目的を持っていきたい店がなくなったからで、本当に喜んでいただける店ができれば来てくれる。むしろその1軒しかなければ、いわゆる「独り勝ち」が起きるのです。もちろん「ムード、味、接客レベルの高さ」の三拍子がそろった店でなくてはいけません。

今ではロードサイドも飽和状態。よく観察してください。また時代が変わってきたみたいですよ。ですから、私は開業の相談を受ければ必ずその地域を観察に行きます。まだまだ空洞化した街中のほうが面白いのですが、念には念を入れ観察するのです。ましてや店舗には莫大な資金を投入するのです。慎重な物件の見極めがこれからも問われるのは当然です。

 

(関連ページ)

ご馳走家えびす(静岡県御殿場市)