居酒屋などの飲食店で、お客様が長く滞在する空間(店舗内装)を創ります。居心地が良い!長く滞在したい!そんな気持ちにさせる店舗内装をご覧ください。


安物買いの銭失い、生涯営む店、 時間もお金もかけるべし!

安物買いの銭失い、生涯営む店、 時間もお金もかけるべし! 最近のニュースで見ましたが、千葉の建築設計士がマンションやビルの構造計算を偽造し、何十棟もの建物が建てられた事件、びっくりしました。建主が一度解体をし建て替える建物もあるとか・・。そ …続きを読む

商売は心理学。五感に訴え六感をも動かす。

商売は心理学。五感に訴え六感をも動かす。 一昔前は、串焼屋さん、鰻屋さんなど煙や臭いが、お客を店に誘い込む大切な作戦でした。 今でも昔から商売している店は、既成事実で許されている店もあるのですが、これから新規開業やリニューアルをする店などに …続きを読む

店の「フロント」はオーナーの「顔」素敵で生き生きした顔に人は集まってくる。

店の「フロント」はオーナーの「顔」。 素敵で生き生きした顔に人は集まってくる。 私達が飲食店をデザイン・設計する際、大事にしている事は狙ったお客がより多く集客できるようフロントに一番エネルギーを使います。 何故なら、お客はそのフロントで全て …続きを読む

お客が一瞬で嗅ぎわける「雰囲気」という空気!

お客が一瞬で嗅ぎわける「雰囲気」という空気。 私はよく繁盛の方程式(商品力×雰囲気×人間力×割安感=繁盛)の話しをします。その中でも繁盛店になるためには、「雰囲気」がとても重要です。 「雰囲気」はインテリアもその一部ですが、もっと大切なこと …続きを読む

安物買いの銭失い/上木草平のコラム

安物買いの銭失い ある雑誌に、新規開業で8割近くの人が「失敗・後悔している」と書かれていました。私も多くの方からそんなお聞きますが、なぜでしょう。 これから飲食店を経営されていく人たちにこんな現状が多いのは困ったものです。私の経験から「失敗 …続きを読む

お客様を感動させる/上木草平のコラム

お客様を感動させる これから独立開業を目指す人たちは、今「ハラハラ・ドキドキ」の心境ではないでしょうか。家賃や人件費のこと、借り入れしたお金の返済のこと…。そんな数字(そろばん)ばかりをはじいていませんか? いくら売らなければやっていけない …続きを読む

『ガード下』とても懐かしい響きです/上木草平のコラム

「KOME・MIZU・SAKE 和浦酒場 WAURA DINER」 JR浦和駅から徒歩5分ほどの高架下飲食街にある“和浦酒場”は、2001年3月3日にオープンしました。(※画像はGoogle画像検索から引用しました) 親しみやすい書体の看板 …続きを読む

また個店時代が戻って来た!/上木草平のコラム

「炉端ぐりる 串べえず」町田店  町田駅から徒歩約3分、繁華街の中にあるビルの地下に“串べえず”は、2001年5月4日にオープンしました。 「平安時代」をテーマにした店内は、古材や古い調度品を多用し、昔懐かしさを演出しています。壁面には、平 …続きを読む

1品にこだわり、そして極める!/上木草平のコラム

お好み焼き・鉄板焼き いろは満月 ファミリーで利用できる“いろは満月 堺店”は3軒目の店舗です。 2002年9月19日に堺市のロードサイドにオープンしました。 このお店は、雰囲気と機能性を兼ね備えたデザインを心掛けており、個室感はあるが、圧 …続きを読む

家族が力を合わせれば繁盛店になる/上木草平のコラム

「 すしとくし 江戸や鮨八 」 ショルダーネームが表す通り、寿司と串物を2本柱とした“江戸や鮨八”が西武新宿線鷺ノ宮駅前にオープンしたのは2000年の9月25日です。寿司をメインにしながら焼き鳥や酒肴も豊富に取り揃え、飲んで食べても客単価3 …続きを読む